いぼを手術しよう|通院する必要がない方法がある

女の人

いぼ治療の費用

レディ

手術でいぼを切除しよう

いぼは、年配の方だけでなく若い方にもできるものです。特に首周りにできる場合が多く、目立ってしまうこともあります。なぜいぼができてしまうのでしょうか。その原因はいくつか存在するので、確認して対策をたてましょう。まず一つは、老化が原因で起こるいぼです。このいぼは老人性疣贅と呼ばれ、加齢による肌の乾燥が原因だと言われています。乾燥のダメージに加え、服との摩擦や刺激を受けることで、いぼとなってしまうのです。加齢は避けられないので、肌の保湿を意識してケアしていくことが大切です。ほかにも、ウイルスに感染することでできる水いぼがあります。ウイルス感染が原因で起こるいぼは、早めに治療しないとどんどん広がってしまいます。被害が大きくなる前に、治療を受けるようにしてください。もしいぼができて悩んでいるという場合には、美容皮膚科や皮膚科で治療を受けることができます。治療法にはいくつかあり、ケア用のクリームを使用したり、液体窒素に浸した綿棒を使ったりという治療法もあります。ただし、液体窒素の場合は強い痛みを感じることがあるので、痛みに弱いという方は注意しましょう。いぼの状態によっては、炭酸ガスレーザーを使用した治療や、切除手術などで取り除くこともあります。レーザー治療の場合は麻酔を使用するので痛みは少ないです。切除手術の場合はほとんど麻酔は使用されませんが、痛みは少ないと言われています。治療法をどうするか、手術が適切なのかという点を医師に判断してもらい、除去していきましょう。治療法の中でも人気の高い炭酸ガスレーザーでの治療は、短時間で治療を終えられるという魅力もあります。仕事が忙しく、なかなか時間が確保できないという方でも治療を受けやすいということで、人気を集めています。ただし、いぼの状態・できた箇所によってはほかの治療法が適している場合もあるので、必ずしも受けられるわけではないことを頭に入れておきましょう。そして、いぼの状態によっては治療後に痕が残ってしまう場合もあるので、それも理解した上で施術を受けるようにしましょう。ほかにも、治療前には治療費がいくらぐらいかかるかということを調べておいてください。液体窒素を用いた治療と切除手術の場合は、保険が適用されるため比較的安い費用で治療が受けられます。クリニックによって変わりますが、両方とも1回の施術につき1,000円ぐらいです。炭酸ガスレーザーによる施術は、いぼの大きさが直径で5ミリ以内の場合は、1万円ぐらいで施術が受けられます。大きさによって費用が変わるので、医師に確認しておきましょう。どの治療法にしろ、相場の価格を知っておくことでクリニックが選びやすくなります。相場の価格に比べてあまりにも安い、もしくは高い場合は、避けた方がいいでしょう。また、クリニックによって扱っている治療法が限られている場合もあります。事前にクリニックのホームページや電話で問い合わせて確認しておきましょう。費用も一つの目安ですが、評判の良さや医師の技術などにも注目してクリニックを選ぶことをおすすめします。信頼できるクリニック・医師を見つけて、カウンセリングでしっかりと相談し、治療の方針を固めていきましょう。