いぼを手術しよう|通院する必要がない方法がある

女の人

いぼができる原因を追究

ナース

適した施術法を知ろう

首やデコルテ周辺など、体の中でも特に皮膚が柔らかい部位に複数出来やすいいぼは、放置しても健康上は問題はありませんが、見た目が美しく無いのでお手入れ方法に悩んでいる方は少なくありません。いぼが出来る原因は様々ですが、多くが紫外線による皮膚のダメージや老化によって起こっている場合が大半で、一つ出来るとどんどん数が増えてしまう傾向にあります。そこで適切な治療を行うためにも、医療機関で手術か内服薬を利用して治療を行っていく必要が出てきます。一般的に皮膚科で受けられるいぼ治療は、液体窒素を利用した凝固法が主流です。保険診療内で受けることが出来るので、施術にかかる費用がリーズナブルなメリットがあるので多くの方が凝固法で治療をしています。ただ根本に液体窒素を含ませた綿棒を押し当てて、皮膚細胞を壊死させることから、施術を行う際には強い痛みが伴いますし周辺の皮膚にもダメージを与えてしまいます。壊死させた皮膚細胞は約2週間ほどで自然にとれますが、周りの皮膚が色素沈着を起こして跡が残ってしまったり、いぼの根本が残ってしまう場合も少なくありません。そこで短時間で治療が完了し、いぼだけ綺麗に除去する手術方法としてレーザー治療が人気になっています。レーザー治療は主に美容皮膚科や美容整形外科などの医療機関で受けることが可能で、液体窒素による凝固法とは異なり保険診療外の自費となります。手術を行う際にはいぼに直接局所麻酔を施してから、炭酸ガスレーザーを利用して皮膚をくり抜くように蒸散させます。液体窒素による治療を行っても何度も再発してしまった難治性のいぼに悩んでいる方には、この炭酸ガスレーザーを利用した治療方法は高い効果がありますのでおすすめです。炭酸ガスレーザーによる治療は、1カ所の治療で約5,000円?数万円とクリニックによって費用の差が大きく、複数のいぼを治療したいと思っている方は事前に複数のクリニックを比較しておくと、自分にあった治療を行う場所を利用することができます。治療にかかる費用が高いですが、炭酸ガスレーザーを利用する最大のメリットは約10分の治療できれいな素肌を手に入れることが出来る点にあります。液体窒素を利用した凝固法の場合一度でイボが取り切れない場合も多いので、複数回施術を受けに皮膚科に通わなくてはいけない場合も多いですが、炭酸ガスレーザーの治療なら一度で完了するので、何度も通いたくないという方に向いています。またレーザー治療というと強い痛みが伴うとイメージしがちですが、照射をする前にかならず局所麻酔の処置を行うので、治療時に感じる痛みはほとんど無くストレスを感じずに首周りを綺麗にすることが出来るメリットがあります。これは液体窒素の場合、皮膚を壊死させる際に強い痛みが伴うので、痛みを感じずに治療を受けたいという方には炭酸ガスレーザーを利用した治療を行う場合が増えています。首周りやデコルテに出来やすいイボは、ウイルス性と加齢による老人性の2つの原因によって引き起こるので、事前に医師に診察をしてもらい適切な治療方法を見つけることや、今後再発しないように気をつけることもポイントになります。